• ホーム
  • ネットショップ
  • 店舗一覧
  • お知らせ
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

情熱と真心をこめて「おいしいの喜び」のために。

鰊(にしん)を使った干物飯!甘ダレが絶品の甘露煮そば

にしんそば

 

北海道・京都の名物料理!!

 

かけそば(温)に”にしんの甘露煮”をのせたもの。

にしんの甘露煮にしっかりと味がついていますが、それと同じくらいつゆの味が濃かったです。

※以前飲食店で食べた感想ですが。

 

地方によってはもりそば(冷)にのせた料理もあります。

季節に合わせて食べ方を変えてみても良いかもしれませんね!!

 

さて、作り方をサイト検索すると、さまざまなにしんそばのレシピが出ており、中にはラーメンなど、オリジナルレシピがありました。

 

今回は、その中から”まさかこの食材と??!”と思ったものをピックアップして作ってみました。

 


こんにちは。

ブログ担当Kです。

 

先に紹介致しましたが、今回のブログは

前回ご紹介致しました鰊(にしん)を使った干物飯を紹介致します。

明日より販売開始!!春を告げる魚”鰊(にしん)”

 

”北海道や京都の名物料理「にしんそば」”風のレシピです。

まさかのあの食材とのコラボ!!?してみましたのでチェック必須です!!。

※味の評価は賛否両論かと思われますが、個人的には好きな味に仕上がりましたのでご紹介します。

 

本日のブログメニュー(クリックでジャンプします)
鰊(にしん)の骨を上手に取り除く方法-20180314(水)のブログにて紹介致します。
鰊(にしん)の焼き方??
鰊(にしん)を使って作ってみました"甘露煮そば"

ネットショップで販売中の鰊(にしん)商品

鰊(にしん)の骨を上手に取り除く方法-2018年3月14日(水)更新予定

鰊(にしん)の焼き方??

「魚離れ・食の洋食化」というキーワードを本日も耳にしましたが、共働き世帯の増加や、手軽に・手間が少ないファーストフードの普及などにより、魚と縁が薄れているのが現状です。

 

肉より魚派の私にとっては少し悲しいなと改めて感じます。

※知人と外食すると、必ず肉メインのお店が候補に挙がります。

 

特に焼魚は、独特の臭い!!が苦手で、調理器具など洗っても落ちないというコメントをネット上でよく見かけます。

臭いの解消方法に関しては今回は触れませんが、手間を掛けてでも美味しく食べてもらいたいと思いますので、焼き方をご紹介します。

 

☆フライパンで焼くのとグリルで焼くのはどうちがうの??

 

フライパンで魚を焼くと、魚から出た脂はそのまま魚にくっつきます。

実はこの脂と一緒に独特の臭いは出ていくのです。

そのままお皿にのせたら…。

 

一方、写真のようにグリルで焼く場合は、焼網台がついておりますので、魚の脂は下の受け皿に落ちます。

そこにポイントがあるのです!!

前述したように、脂と一緒に臭いも落ちるので、グリルで焼いた魚はより美味しく焼きあがるのです。

 

しかーし!!ここで問題が発生します。

そう、家にグリルがない…

IHキッチンや、グリルのないコンロが普及しているため、私の家にもありません。

 

美味しい焼魚はあきらめるしかない…と…。

 

あきらめないでください!!

大川水産では、調理済みの魚惣菜を販売しております。

そう、店舗で販売しております魚惣菜は、焼網台で美味しく焼き上げた魚なのです。

と、結果自社の製品PRになってしまいましたね。

鰊(にしん)を使って作ってみました"甘露煮そば"

さあメインの紹介です。

もう写真をみてえっ!!?と思われた方もいらっしゃるかとおもいますが、

今回作ってみましたのは”鰊(にしん)そば+なっとー”です。

 

私も初めて写真を見たときは衝撃を受けましたが、半信半疑作ったところ、個人的に好きな味でしたのでご紹介に至った次第です。

そして、いくつかオリジナルアレンジをしてみて発見したこともありますので合わせて紹介していきます。

材料(2人前) 調味料
・にしんの甘露煮(大川水産魚惣菜) ・納豆のパックについている醤油
・そば 2束 ・めんつゆ(4倍希釈) 大さじ4
・ねぎ ※めんつゆは1人前大さじ2
・納豆 2パック  
・お好みで生卵  

①そばを茹でます。今回は温そばにて調理します。

②にしんの甘露煮(今回もシャポー船橋店に行ってきました)を一匹載せます。

※量はお好みで

③納豆とねぎを載せます。

④めんつゆ大さじ2と、納豆の醤油(タレ)をかけて完成!!

あれっ??!温つゆはと思われたかもしれませんが、今回は、こちらで完成です。

そばと納豆の相性ですが、びっくりするくらい美味しいです。

更に卵をトッピングするともっと美味しくなりました。

もちろんにしんの甘露煮とそばの相性は、名物料理として親しまれているだけあり美味しかったです。

ここで2点注意がございます。

納豆についている”からし”!!

これはいれてはいけません。

 

ためしにと思い入れてみると…

衝撃的な味となりました。

 

もう1点は、焼き鰊(にしん)を購入しに店舗に行ったのですが、夕方には売り切れてしまっておりました。

季節の食材ということもあり人気なのでしょう!!

 

もし、当ブログをお読みになり大川水産の鰊(にしん)を食べてみたいと思ってもらえたのなら、

少し早い時間帯に店舗にいらしてくださいね。

おまけ…

 

やりいかのやわらか煮!!

甘だれでおいしかったです。

お酒のおつまみに是非!!

ネットショップで販売中の鰊(にしん)商品

菜の花にしん漬

春の魚「鰊」と春の菜「菜の花」を使用したダブルで春を味わえる逸品です。

にしんは甘酢漬にし、臭みも全くなく、程よい酸味が食欲をそそります。

菜の花やにんじんが彩を添え食卓を華やかにします。

お酒のおつまみとしてはもちろん食卓の1品としていかがでしょうか?!

 

200gで480円(税込518円)

全国各地へ発送致します!!

ブログ担当:K

現在4月からの正式社員採用に向け研修中です。

担当は主にWEB全般?!です。ECサイトやHP・メルマガも発信します。

よろしくお願いいたします。

 

過去ブログも見てくださいね☆


ページのトップへ
Copyright (c) 2012 Ohkawasuisan.All Rights Reserved.